月次売上概況



3月度の概況

当月は、全社売上高前期比107.8%、小売+ネット通販既存店売上高前期比111.5%となりました。

3月は前年同月に比較し気温が高く、春物衣料を中心に好調に推移しました。メンズではスプリングコート、スーツ、シャツ、カット、パンツなど、ウイメンズではスプリングコート、ブラウス、スカート、ワンピース、バッグなどの動きが目立ちました。 小売既存店客数は前年の109.2%、当社オンラインストアとゾゾタウンの既存店客数を合計した小売+ネット通販既存店客数は前年の109.7%程度です。 当月は前年同月に比べて休日が1日多く、小売+ネット通販既存店売上前年比に対して+1.9%程度の影響があったと推測されます。

平成28年10月より会社分割を行なった子会社のCHROME HEATSJP合同会社のビジネスユニット売上高前期比は93.3%です。


メンズ
スプリングコート、シャツ、カット、パンツ等


ウィメンズ
スプリングコート、ブラウス、スカート、ワンピース等

2018年3月期 売上高、客数、客単価、前期対比推移

%
4月 5月 6月 7月 8月 9月 上期

全社売上高 98.7 96.2 95.7 94.1 99.3 100.4 97.2
全社売上高(参考値)* 107.5 105.1 105.2 103.4 112.7 109.4 106.8
 ビジネスユニット合計売上高* 108.4 103.7 104.2 101.8 113.5 109.0 106.2
 小売全店売上高* 105.5 98.3 101.9 98.4 111.5 105.9 102.9
 ネット通販全店合計売上高* 123.9 132.6 113.4 115.2 121.9 122.7 121.0
 小売全店客数* 102.6 96.8 96.2 93.8 118.2 105.2 100.3
 小売全店客単価* 102.8 101.6 105.9 105.0 94.4 100.7 102.6
 アウトレット売上高 103.0 112.7 112.4 115.2 109.1 112.0 110.6


小売+ネット通販既存店売上高 105.3 101.7 101.9 100.0 111.4 107.9 104.1
 小売既存店売上高 101.6 95.7 99.4 96.6 108.8 104.1 100.2
 ネット通販既存店売上高 123.6 133.5 112.0 115.7 120.6 122.8 120.9
 小売既存店客数 99.3 94.4 94.1 92.8 115.5 102.5 98.0
 小売既存店客単価 102.3 101.4 105.6 104.1 94.2 101.5 102.3
%
10月 11月 12月 1月 2月 3月 通期

全社売上高 103.6 109.6 108.4 99.7 105.6 107.8 106.2
 ビジネスユニット合計売上高 103.4 108.5 107.8 98.7 104.2 108.4 105.6
 小売全店売上高 100.3 107.2 104.0 95.9 105.5 109.7 103.2
 ネット通販全店合計売上高 120.1 115.2 125.8 108.6 101.5 107.3 116.4
 小売全店客数 97.4 106.2 103.1 97.2 103.2 107.8 101.1
 小売全店客単価 103.0 101.0 100.9 98.7 102.2 101.8 102.0
 アウトレット売上高 104.3 116.0 112.3 106.2 114.8 104.5 110.0


小売+ネット通販既存店売上高 102.3 106.7 105.0 97.0 104.8 111.5 104.2
 小売既存店売上高 98.7 104.9 101.5 94.1 105.5 110.3 101.2
 ネット通販既存店売上高 119.4 113.7 121.8 106.3 103.0 115.9 116.4
 小売既存店客数 94.9 103.0 100.0 94.5 103.0 109.2 99.0
 小売既存店客単価 104.0 101.9 101.5 99.6 102.4 101.0 102.2

事業別 売上高、客数、客単価 前期比

%
UA GLR SBU







ビジネスユニット合計売上高 112.5 115.9 75.5
 うち、小売全店売上高 112.1 115.5 84.3
 うち、ネット通販全店合計売上高 121.0 118.0 54.7
小売全店客数 112.5 113.2 69.8
小売全店客単価 99.6 102.1 120.9


小売+ネット通販既存店売上高 111.7 112.8 106.0
 うち、小売既存店売上高 110.0 111.6 107.5
 うち、ネット通販既存店売上高 117.8 117.9 101.1
小売既存店客数 110.3 109.3 102.9
小売既存店客単価 99.7 102.2 104.5

質疑応答集

週次の売上動向について知りたい。
3月の小売+ネット通販既存店売上は、第1週が前年同期を下回ったものの、2週以降は前年同期を上回って推移しました。第1週の前年割れは主要商業施設のカードホルダー向け販促キャンペーンの時期ズレ(前年は2日~8日、当年は8日~14日)によるもので、第2週、3週は前年を20%以上上回る既存店売上となりました。
3月の好調要因は?
月前半はスプリングコートや式典需要の商品の売上が伸び、月中旬からは春物の動きが本格化しました。特にウィメンズはニット、ブラウス、スカート、ワンピース全般に動きが見られています。メンズもカジュアルが好調だったのに加え、スーツなどのビジネス需要の商品のニーズが高まりました。
ネット通販の伸びが回復した理由は?
ネット通販店舗は実店舗に比べてセール売上の構成比が高くなる傾向があります。1、2月はセール商品の在庫不足により売上伸張が鈍化したものの、3月は売上の大半を定価販売の商品が占めるようになったため、伸びが回復しています。
ネット通販の全店売上(前年比107.3%)と既存店売上(同115.9%)の伸びに差が出ている理由は?
1月下旬から2月にかけ、アナザーエディション、ボワソンショコラ、アンルートのネット通販店舗、計22店舗を閉店しました。昨年3月のネット通販売上の約10%がこれらの店舗から構成されており、それが抜けた分、全店売上と既存店売上の差が大きくなっています。閉店店舗の影響を除くと、全店売上の伸びも既存店と同様の水準となります。

-「ビジネスユニット合計売上高」には、小売、ネット通販、卸売等による売上が含まれています。
- 客数、客単価は、小売から算出しています。
- 既存店の定義は「出店から13ヶ月経過し、かつ、前年同月に稼動していた小売または通販店舗」であり、対象店舗数は毎月変動いたします。小売については改装等により月中1日以上休業した場合や面積を縮小して営業した場合、ネット通販ではシステム改修等で月中1日以上休業した場合は、既存店から除外しております。
- UA:ユナイテッドアローズ、GLR:ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング、SBU:スモールビジネスユニット
- UAには、ユナイテッドアローズ、ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ、ザ ソブリンハウス、ディストリクト ユナイテッドアローズ、ボウ & アローズ、アストラット、モンキータイム ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ、スティーブン アラン、ロク ビューティ&ユース、エイチ ビューティ&ユースが含まれます。
- GLRには、グリーンレーベル リラクシング、ワークトリップ アウトフィッツ グリーンレーベル リラクシングが含まれます。
- SBUには、アナザーエディション、ジュエルチェンジズ、オデット エ オディール、ボワソンショコラ、ドゥロワー、アンルート、ジ エアポート ストア ユナイテッドアローズ、ザ ステーション ストア ユナイテッドアローズが含まれます。
- アストラットのSBUからUAへの移動に伴い、同事業の前期実績を前期のUA実績に含め、SBUから除外した上で各項目を算出しております。
-平成28年10月にクロムハーツ事業の会社分割を行なったため、同月より単体売上高に同事業の売上高が含まれておりません。現存事業の前期比をよりわかりやすく示すため、全社売上高、客数、客単価のうち(*)を付した項目につきましては、前年同月からクロムハーツ事業の実績を除外し算出しております。
- 平成28年10月よりクロムハーツ事業を既存店カウントから除外しているため、既存店売上高、客数、客単価についても、前年同月から同事業の実績が含まれておりません。


詳細は、EXCEL、PDFをダウンロードしてご覧いただけます。
EXCEL版:当該月以外にも、その年度の過去の月次概況を記載。
PDF版:当該月の月次概況のみ記載。

バックナンバー

月次売上概況

質疑応答集

出退店情報

【小売】出店 2(グリーンレーベル リラクシング2)
改装5(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 2、グリーンレーベル リラクシング 3)
退店1(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 1)
【ネット通販】当該事項なし
【アウトレット】当該事項なし

詳細はEXCEL、PDFをダウンロードしてご覧いただけます。

2018年3月期[EXCEL/149.0KB][PDF/126.0KB]

バックナンバー

Loading