コーポレート・ガバナンス

コーポレートガバナンスに関する基本的な考え方

当社は1989年10月の創業時に「日本の生活文化のスタンダードを創造することで社会に貢献する」という主旨の「設立の志」を掲げました。当社ではこの創業の志について、本質を変えず常に時代に即した表現へ改定を行いながら「経営理念」として掲げ続けており、これを全取締役・従業員の職務執行上の拠り所としています。また、当社は「社会との約束、5つの価値創造」を理念体系の中に包含しています。5つの価値とは「お客様価値」「従業員価値」「取引先様価値」「社会価値」「株主様価値」であり、当社に関わるすべてのステークホルダーの価値を高めていくことを会社の使命としています。
 さらに、経営理念の実現を目指すためにどのような心がけで、どのような行動をしていくべきかを表した「行動指針」を策定しています。
 当社では、「経営理念」および「社会との約束、5つの価値創造」の実現に向け、透明・公正な経営体制の構築および迅速・果断な意思決定を行う仕組みが必要不可欠であると考え、コーポレートガバナンスの継続的な充実に取り組んでいます。これらの取組みの推進により、長期的かつ継続的な企業価値の向上を目指します。

コーポレートガバナンス体制の概要

2019年6月21日現在

組織形態 監査等委員会設置会社
取締役会議長 代表取締役 社長執行役員
取締役(監査等委員である取締役を除く。) 6名(うち、社外取締役0名)
監査等委員である取締役 3名(うち、社外取締役3名)
独立役員* 社外取締役3名
平均年齢 51.1歳
2019年3月期 取締役会開催回数 18回
2019年3月期 監査等委員会開催回数 13回
2019年3月期 指名・報酬等委員会開催回数 4回

* 酒井由香里氏、石綿学氏および西川英彦氏は東京証券取引所の定める独立性の基準および当社の「独立役員の独立性判断基準」のいずれも満たしています。なお、酒井由香里氏および西川英彦氏は東京証券取引所に独立役員として届け出ていますが、石綿学氏は所属する法律事務所の内規により届け出ていません。
当社の独立役員の独立性判断基準については、「コーポレートガバナンスポリシー」をご参照ください。

コーポレートガバナンス体制

コーポレートガバナンスの具体的取り組み

当社の2019年3月期におけるコーポレートガバナンスの取り組みを紹介します。

1. 取締役会

当社は2016年6月に監査役会設置会社から監査等委員会設置会社へ移行しました。併せて、取締役会における決議事項をスリム化することにより、経営方針や中長期戦略等、経営上重要な案件について討議時間を確保できるよう体制を整備しています。

主な活動状況(2019年3月期は計18回開催、表内は主な討議・決議内容)
第1四半期 物流業務再編に関する討議、関連契約等の決議 取締役会の実効性評価に関する討議 取締役報酬・賞与・譲渡制限付株式報酬等の決議 内部統制報告および承認 第3四半期 経営理念体系改定に向けた討議、決議 コーポレートガバナンスポリシー改定に向けた討議、決議 重要な人事制度の見直しに向けた討議 次期中期経営計画の戦略骨子についての継続討議
第2四半期 自社EC運営体制変更に向けた討議、関連契約等の決議 内部統制システム基本方針の一部改訂に向けた討議、決議 次期中期経営計画の策定プロセス等に関する討議 第4四半期 戦略的ジョイントベンチャー
((株)fitom)設立に向けた討議、決議
内部統制、コンプライアンス強化に向けた討議 ドメインの拡大に向けたM&A、事業提携等の討議

2. 監査等委員会

監査等委員会は、取締役の職務の執行について、実効性の確認および評価を行い、適法性・妥当性の監査を行っています。また、的確な監査・監督・助言等の実行に向け、各執行責任者と定期的にミーティングを実施し、課題の把握や改善に向けた取り組みの進捗把握等に努めています。

主な活動状況(2019年3月期は計13回開催)
第1四半期 内部統制システムの整備・運用状況についての討議 内部監査部門からの報告および意見交換 会計監査人からの報告および意見交換 第3四半期 内部監査部門からの報告および意見交換 業務執行取締役3名と各担当領域に関する個別討議
第2四半期 代表取締役との討議
(人事戦略、コンプライアンス、新規事業戦略)
執行役員との討議(経営戦略・組織戦略・人事制度改革)
第4四半期 代表取締役との討議(後継者計画、グループ統治、中長期戦略) 業務執行取締役2名との各担当領域に関する個別討議 執行役員との討議(海外戦略)

3. 指名・報酬等委員会

指名・報酬等委員会は、取締役の指名・報酬等に係る取締役会の機能の独立性・客観性および説明責任の強化を図るため、独立社外取締役3名と代表取締役1名の構成で四半期に1度以上開催し、取締役候補者の個々の指名および解任、経営陣幹部の選解任、監査等委員を除く取締役の報酬等に関する事項、最高経営責任者の後継者計画に関する事項等について、取締役会に意見表明しています。

主な活動状況(2019年3月期は計4回開催)
第1四半期 監査等委員以外の取締役候補者(再任)案の諮問 監査等委員以外の取締役に対する報酬等の配分、
業績連動賞与に関する諮問等
第3四半期 コーポレートガバナンス・コードの改訂に準拠した当社コーポレートガバナンスポリシーおよびコーポレートガバナンス報告書の改定・更新に関する意見交換等
第2四半期 後継者計画に関する意見交換
(資質要件、評価基準、評価プロセス)等
第4四半期 次期(2020年3月期)の(株)ユナイテッドアローズおよび関連会社の取締役選任に関する諮問等
Loading