株主還元

利益配分に関する基本方針

当社は株主価値の極大化を経営の重要課題として認識しております。このため、持続的な成長拡大・業績の向上を図ることで1株当たり利益の拡大を図るとともに、業績に連動した安定的な配当、株式分割、自己株取得ならびに消却などの方策により、株主価値の極大化を図るのが基本方針です。

2023年3月期を最終年度とする中期経営計画期間の財務目標としては、中期最終年度の連結営業利益90~100億円、中期最終年度のROE12~14%と設定しています。配当性向は35%以上を目途に安定的な配当を行う方針をとっております。しかしながら、今年度は新型コロナウイルス感染拡大の影響で非常に厳しい状況になることが予想されるため、配当については見送らせていただく見通しです。今後、収益やキャッシュフローが安定した段階で、再度成長に向けた投資と株主還元のバランスをとった配当政策を取り、株主様価値の向上を目指します。