経営理念

ユナイテッドアローズは、「経営理念」を日々の活動の志としています。
この「経営理念」を実現するために必要な要素を示したものが理念体系です。それはユナイテッドアローズが目指す道であり、創業時から今に至るまで、変わらず抱いているユナイテッドアローズの価値観そのものです。

理念体系

理念体系

経営理念

私たちは、世界に通用する 新しい日本の生活文化の規範となる 価値観を創造し続けます。

私たちの考える、新しい日本の生活文化の規範となる価値観とは、世界に通用するものであり、日本の文化、伝統と西洋文化の融合をもってその創造を目指します。
私たちは、
 ヒト ―  高度に完成された接客・サービス
 モノ ―  世界的な広い視野で適産、適選された商品
 ウツワ ―  真の心地よさを追求した施設・空間・環境
が、三位一体となった次代の快適さを提供することで、新しい日本の生活文化の規範となる価値観を訴求し続けます。

私たちは、「美」を徹底して追い求めるとともに、「生産性」「スピード」「クオリティ」を極め続ける事を通じて、この目標を実現します。

私たちが新しい日本の生活文化の規範となるためには、限られたお客様に支持されるような、狭い範囲に限定したビジネスを行うのではなく、規模を追求し且つ成長し続けることも使命と考え、行動しなければなりません。

私たちは、以上のような共通の目的で結ばれた強い意志と高い意識をもった、光り輝く集団を目指します。

社是

店はお客様のためにある

商売をする上で当たり前のことですが、
 「お客様のお役に立つ」
 「お客様に得していただく」
 「お客様の要求を満たす」
ために邁進し、

「お客様に喜んでいただく」ことこそが、ユナイテッドアローズの根幹をなす考えであり、私たちの基本姿勢でなければなりません。

ただひたすらお客様にサービスすることが、ユナイテッドアローズのつとめです。正しいサービスを行うことによってのみ、その対価として正しい報酬をいただくことができる。つまり、「お客様に喜んでいただくこと」が、私たちの喜びにつながるのです。

人材開発理念

創造的商人

私たちユナイテッドアローズの理想とする創造的商人とは、CSマインドと商売マインド、クリエイティビティマインドを併せもち、何かひとつの分野での専門性をもちつつ幅広い分野に精通している人です。

CSマインド、商売マインド、クリエイティビティマインドは、私たちが身につけ、育て、強くしていくべき大切なマインドです。さらに、3つのマインドはそれぞれが矛盾し、相反するものではなく、常に私たちの中に同居し、融合しながら、日々の活動に新しい答えを導くものです。

商品開発理念

トラッドマインド

商品開発理念としてユナイテッドアローズで使われる“トラッドマインド”という言葉は、「歴史と伝統をリスペクトする。そこに革新性を加えることで、新たな伝統を作っていく」という意味を持ち、ユナイテッドアローズで働く全員が持つべき心構えです。

革新の積み重ねにしか進化はありません。伝統は革新の積み重ねの上にしか成し遂げられないのです。昔のよさを継続して伝えるだけでは、伝承にしかならないからです。

また、私たちは商品を選び、創りだす時には、クリエイティビティを継続して発揮することで、オリジナリティで差別化します。

社会との約束

私たちは、5 つの価値を創造していきます。

ユナイテッドアローズは、お客様、従業員、取引先様、社会、株主様、という5つの異なる立場の方々(=ステークホルダー)に支えられています。

私たちの仕事は、お客様価値、従業員価値、取引先様価値、社会価値、株主様価値 以上5つのステークホルダーにとっての価値をバランスよく高めるものでなければなりません。

中でも、私たちが最も大切にすべきなのは「お客様価値の創造」です。

他の4つの価値を等しく高めることがお客様価値の向上につながり、お客様価値の創造が達成されて初めて、他の4つの価値が意味を為す、というのがユナイテッドアローズの考え方です。

「ユナイテッドアローズ行動指針」とは、経営の理念の実現のために私たちがどのような心がけで、どのような行動をしていくべきかを表したものです。私たちは「理念」の実現のために、「5つの価値創造」をし続けることで、社会に貢献する存在です。この行動指針を社会の変化や要請に合わせて常に見直し、それに基づき行動することにより、私たちは社会に貢献する存在であり続けることを目指します。

お客様価値の創造

私たちのお客様とは、私たちのお店を心にかけてくださるすべての方です。すべての部門において、私たちの仕事はお客様づくりの継続です。私たちの提供するあらゆるサービスに満足・感動していただけたお客様しか再来店していただけないということを肝に銘じてください。そのお客様なしでは、私たちのお店の永続はありえません。つまり、お客様にとっての価値創造とは、ヒト・モノ・ウツワの3要素において、私たちが気づきと美意識を追求し、お客様と信頼関係を築いていくということです。そして、私たちの心をこめたおもてなしによる感動は、お客様が他のお客様へ、どんどん広げてくださり、ご来店および再来店へとつながり、私たちのお店は成長し続けていくのです。

お客様価値の創造 行動指針

その1商品の5適

私たちは、お客様のご要望を満たすために、「欲しいときに、欲しいものが、欲しい価格で、欲しい数を、欲しいところで購入できる」ことを実現し、商品を安定的に供給します。また、お客様が、ワクワク・ドキドキする新しい商品をどこよりも早く、開発し続けます。そして、「店はお客様のためにある」という「社是」に則ったサービスを提供し続けることが、お客様にとっての価値創造につながることだと考えています。

その2ヒト・モノ・ウツワの安全性と品質

私たちは、お客様との信頼を維持、構築するために、お客様に満足を提供する3要素、「ヒト」(接客・サービス)、「モノ」(商品)、「ウツワ」(施設・空間・環境)の安全性と品質には万全を期します。 また、継続した安全性と品質の向上を行い、万一不具合があった場合は再発防止につなげる体制を構築し、意識づけと共に仕組みとしてユナイテッドアローズ全体に根付かせます。

その3適正な表示とわかりやすい情報提供

私たちは、お客様の立場にたち、お客様のご要望に応える商品知識や、お役に立つ情報を、わかりやすく説明し、提供し続けます。
そして、商品やサービスについては、法令に従って、適正に表示します。

その4クレームの迅速な対応と活用

私たちは、お客様からの問い合わせ、クレームについては、お客様からの貴重なメッセージとして受け止め、迅速かつ誠実に対応します。また、日頃よりその情報を整理、活用し、商品の開発やサービスの向上につなげていきます。

その5個人情報の適正な保護

私たちは、個人情報保護法の趣旨を十分に理解し、情報の重要性に応じた適切な情報管理体制を構築し、個人情報を適正に保護します。

従業員価値の創造

私たちはユナイテッドアローズという社名に、ひとつの目標に向かって直進する矢(Arrow)を束ねた(United)ものという意味を込めました。それぞれ個性をもった人間である従業員が共通の理念(志)を目指す。そうした従業員の集合体がユナイテッドアローズである、という人材に対する考え方を表したものとして、この社名を選んだのです。ユナイテッドアローズの従業員は、共通の理念(志)実現のため、高い目標に向かい、仲間を大切にし、ともに学び高め合い、厳しさを乗り越えて結果を出し、生産性を高める。そんな従業員に対して、活躍の場を与え続け、成長するチャンスを提供し、成果に応じた高い報酬で報いる会社でありたい。そして、皆がユナイテッドアローズで働くことによって自分らしさを見つけ、皆がハッピーになれる会社を目指します。

従業員価値の創造 行動指針

その1いきいきと働ける職場

私たちは、従業員それぞれの個性や能力の多様性を認め、相互に尊重・信頼し、チームワークを大事にしながら、「経営理念」の実現を目指して共につき進んでいく集団です。従業員がいきいきと働けるための人事施策は、夢、やりがい、プロフェッショナリズム、情熱、目標、活力、成長実感、幸福感、働く意味や価値観を持てるものでなければならないと考えています。

その2公正・公平な職場環境

ユナイテッドアローズには年齢、性別、国籍、宗教の違いなど多様性のある人材が一緒に働いています。私たちは、すべての従業員に公正に活躍の場と成長のチャンスを提供します。そして、そういったさまざまな背景への差別的扱いは絶対に行いません。
また、職場におけるセクシャルハラスメントやパワーハラスメント、モラルハラスメント行為も同様に許しません。労働基準法など関係法令を遵守すると共に、適切な情報の提供と共有に努めます

その3従業員の健康と安全

私たちは、安全衛生委員会の開催や、産業医、保健師による心身両面での従業員の健康をサポートする体制を整備、構築します。
また、安全な職場環境を創るため、職場における不測の事故を防止するための対策もあわせて実行します。

その4人材育成の環境づくり

私たちは、教育を通じてお客様のために日々努力し進化し続けます。
それぞれの職場で学びの環境を創ると共に、従業員としての基本的な心構え、知識やスキルを学べる環境を提供します。

取引先様価値の創造

取引先様とは、私たちと仕事上つながりのあるすべての相手先様のことです。取引先様は、私たちが業務をする上で欠かすことのできないパートナーであり、取引先様と私たちの関係は、どちらか片方にしかメリットの生まれない一方的な取引関係であってはなりません。常に「売っていただく」「買っていただく」「ご協力いただく」という感謝の精神を忘れることなく、対等な立場で志をひとつにして取引を行うことが大切です。我々の事業を伸ばすだけではなく、取引先様とともに伸びていくという姿勢を貫くことが取引先様にとっての価値を高めることになる、と考えています。

取引先様価値の創造 行動指針

その1法令を遵守した行動

私たちは、独占禁止法(下請法・景品表示法を含む)の趣旨に則り、販売においては私的独占、不当廉売などを、仕入においては取引拒絶、優越的地位の濫用などを厳格に禁止します。そしてユナイテッドアローズ内の意識を高めるとともに、違反行為が行われないようモニタリングするなど体制を整備し、適切に対応します。

その2取引先様への感謝の精神

すべての取引先様は、私たちが事業を行う上で欠かすことのできないパートナーです。私たちは常に感謝の精神を忘れることなく、対等な立場で志をひとつにして取引を行い、共に学び、創意工夫し続けることにより、共に伸びていく、という姿勢を貫きます。

その3知的財産の尊重

私たちは、商品の開発、販売活動、広告宣伝等を行う上でデザイナーやクリエイターの企画意図、クリエイティビティを正しく理解し、これを尊重します。また、著作権、商標権など知的財産権を適切に管理、保全します。

その4公正・公平な取引

私たちは、公正かつ公平な取引を行うことを重視し、癒着とみなされるような行為はしません。業務に関連して取引先様などから接待や贈答などを受ける場合は、社会的通念を超えることのないよう留意し、個人的な利益供与は決して受けません。

社会価値の創造

まず第一に、世界に通用する新しい日本の生活文化の規範となる価値観を創造し続けることこそが、社会にとっての価値を創造することにつながると考えています。また商売の過程においても、適切に税金を納め、各国や地域の法令を遵守し、地域文化や地域習慣を尊重することや、地域規模の環境保全など、社会への配慮、社会との信頼関係の構築が大切だと考えています。さらに従業員一人ひとりが、街の美化・清掃活動やその他ボランティア活動など社会活動に参加するような環境・風土をつくり、会社、従業員ともに、社会の発展に貢献していきます。

社会価値の創造 行動指針

その1社会との信頼構築

私たちの事業活動は、社会の健全かつ持続的な発展のお陰で成り立っています。そのため、適切に税金を納め、各国や地域の法令を遵守するなど社会との信頼関係の構築が大切だと考えています。
また、暴力団や総会屋などの反社会勢力に対しては、警察など関係団体と連携しながら、ユナイテッドアローズをあげて組織的な対応で臨み、関係は一切もちません。

その2生活文化向上への貢献

私たちは、ユナイテッドアローズならではの特性を活かした活動を通じ、日本の生活文化の向上に貢献します。そして、地域文化や地域習慣を尊重しながら、環境、福祉や文化向上のイベントに積極的に参加、貢献します。

その3環境保全と社会貢献

私たちは、 「地球(環境)にやさしいことは、あなた(人)にもやさしい」という考えを基盤として、 Reduce(リデュース:ごみを減らし)、Reuse(リユース:再利用を心がけ)、Recycle(リサイクル:再生物を利用する)の3Rをはじめとした、自らの環境負荷削減に努めます。
また、ボランティア活動、募金・寄付活動、地域清掃など従業員による地球を敬い、感謝しながら行う自発的な社会貢献活動を尊重し、積極的に推進、支持します。

株主様価値の創造

株主様とは、ユナイテッドアローズへの出資者であり、会社の所有者です。株主様は、出資を行うことによって、利益の分配を受ける権利や会社を経営する権利(議決権)などさまざまな権利を持ちます。しかし、実際の経営は、株主総会で選任された取締役に委ねられ、日々の企業活動は私たち従業員に委ねられています。したがって、私たち一人ひとりが責任をもって会社の経営と企業活動に従事し、かつ会社の現状を適時・適切に株主様にお伝えすることが株主様にとっての価値を高めることになるのです。企業利益の拡大によって、株主様の利益(配当金と株価上昇による利益)は極大化します。企業利益拡大のためはもちろん、売上拡大=お客様にとっての価値創造が大前提となります。

株主様価値の創造 行動指針

その1IR活動

私たちは、株主や投資家様をはじめとする全てのステークホルダーの皆様の価値を高めるために、株主総会やIR活動を通じて積極的にコミュニケーションを図ります。また、IR活動は各種情報を提供するだけでなく、外部の声を経営に伝える役割も担い、すべてのステークホルダーの皆様とのより良い関係を構築します。

その2内部情報の管理

私たちは、自らや他人の利益のために、未発表の情報を利用したり広めたりすることは決して行いません。また、ユナイテッドアローズ内における情報管理は、法令や規程に基づき厳格に行います。

その3情報の適時開示

私たちは、常に正しい情報を、公平に、タイムリーに、継続的に、そして自発的に開示することを約束します。

Loading