2011年4月20日

UNITED ARROWS LTD. Earth Day Action 2011
6回目のアースデイ東京の協賛と共に、カーボンオフセット導入やチャリティ商品を展開

 株式会社ユナイテッドアローズ(社長:重松 理、東京都渋谷区)は、2011年も4月22日のアースデイ(*1)に合わせて、6年目となる「UNITED ARROWS LTD. Earth Day Action 2011」の内容を充実して実施いたします。2006年活動開始以降、当社は、ファッション小売業であることを生かしてお客さまとの接点をもちながら実施可能なアースデイ・アクションを継続しています。

 本年は東日本大震災の被災地の一日も早い復興支援を願い、同支援に連動した活動も実施いたします。
◇ Earth Day Tokyo 2011 http://www.earthday-tokyo.org/

◆「アースデイ東京2011」に協賛 
~ ボランティアスタッフTシャツおよび会場販売オフィシャルTシャツを提供 ~
 
6年目の協賛となる今年も、ボランティアスタッフが着用するTシャツを提供します。アースデイ東京2011のテーマ「愛と平和の地球の祭典」をイメージして、「BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS(ビューティ&ユースユナイテッドアローズ)」がデザインしました。ボディはオーガニックコットン100%を使用しています。
 
110420a_01.jpg
  ボランティアスタッフTシャツデザイン

 また、本年のイベント期間中に会場で販売されるアースデイ東京2011オフィシャルTシャツ(税込み\3,000)の売上は全て、アースデイ東京大震災支援アクション本部が集める東日本大震災の被災地への支援金に充てていただきます。このTシャツは、UAグループが東日本大震災の被災地復興支援を目的として立上げた、お客様と共におこなうチャリティプロジェクト“MOVING ON TOGETHER!”に合わせてデザインしました。

110420a_02.jpg
会場販売オフィシャルTシャツデザイン

◆アースデイ当日、当社全店舗とオフィスの電気によるCO2排出をオフセット
 アースデイ当日に、当社の全店舗とオフィスの電力利用により発生するCO2排出量約20t(昨年実績より)を、カーボンオフセットします。日本国内で実施されているCO2排出削減事業(主に間伐材などを原料にした木質バイオマス燃料の活用等)から創出される国内クレジットを使い、日本国内のCO2排出削減と地域経済活性化に貢献します。一般社団法人日本カーボンオフセット(COJ)(*2)が調達する国内クレジットを活用します。
昨年は、アースデイ当日、渋谷・原宿地区の当社グループ店舗13店舗と当社オフィスの全15拠点にグリーン電力を導入し、1日の電力総量8,800kWh(2009年実績より)分のグリーン電力証書を利用することで、太陽光によって発電されたエネルギーで店舗・オフィスを営業しました。

 

◆チャリティ商品の販売
<岩合光昭(いわごうみつあき)×BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS>
「地球のことを服を通して自然と考えられるもの」をコンセプトに、写真家・岩合光昭氏(*3)が撮影した絶滅危惧種動物をプリントした、ビューティ&ユースユナイテッドアローズ ウィメンズ オリジナルTシャツ(\8,925)およびワンピース(\11,550)を4月初旬より販売しております。今年はベンガルトラとホワイトライオンに焦点を当て、素材にはオーガニックコットンを使用し、環境に配慮した手法でプリント。ご購入アイテム1点につき350円が、公益財団法人世界自然保護基金ジャパン(WWFジャパン)(*4)へ寄付されます。

◇価格: Tシャツ:8,925円(税込み)、ワンピース:11,550円(税込み)

110420a_03.jpg 110420a_04.jpg
      
                ©Mitsuaki Iwago                        ©Mitsuaki Iwago

ホワイトライオンTシャツ \8,925   ベンガルトラTシャツ \8,925

 

110420a_05.jpg 110420a_06.jpg
                ©Mitsuaki Iwago                        ©Mitsuaki Iwago

ホワイトライオンワンピース \11,550 ベンガルトラワンピース  \11,550


◇取扱店舗: ユナイテッドアローズ11店舗、ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ21店舗、オンラインショップ2店舗

◎ユナイテッドアローズ: 
旭川店、仙台店、新宿店、池袋店、二子玉川店、立川店、横浜店、名古屋店、京都店、広島店、大分店
◎ビューティ&ユース: 
札幌店、大宮店、柏店、船橋店、たまプラーザ店、渋谷公園通り店、渋谷キャットストリート店、
新宿ウィメンズストア、町田店、吉祥寺店、新潟店、金沢店、心斎橋店、なんば店(4/26オープン予定)、
梅田店、神戸三宮店、岡山店、福岡店、熊本店、博多店、小倉店(4/29オープン予定)
◎オンラインショップ: UA LTD. ONLINE STOREZOZOTOWN

 

 

(*1)アースデイ: 地球に感謝し、美しい地球を守る意識を共有する日。1970年にアメリカでスタートし、いまや世界175ヶ国に広がる世界共通のアクションです。

(*2)一般社団法人日本カーボンオフセット(COJ)(http://www.co-j.jp/): カーボンオフセット事業者の一つである日本カーボンオフセットは、京都議定書のメカニズムのひとつ「CDM(クリーン開発メカニズム)」から生まれる排出権(CER)、あるいは国内クレジット制度により国内で運営されるCO2排出削減事業から生まれる排出権(国内クレジット)を取得し、企業や個人に対してオフセットプログラムを提供しています。この取り組みを通じて、生活や事業活動の中から排出されるCO2を削減・相殺(オフセット)するという意識の浸透を目指しています。

(*3) 岩合光昭氏
1950年東京生まれ。19歳のときに訪れたガラパゴス諸島の自然の驚異に圧倒され、動物写真家になることを決意。現在に至るまで、地球上のあらゆる地域をフィールドに撮影を続ける。その美しく、鮮明な写真は「ナショナルジオグラフィク」誌の表紙を2度にわたり飾り、その才能は世界的に高く評価されている。

110420a_07.jpg
                          ©Hideko Iwago

(*4)公益財団法人世界自然保護基金ジャパン(WWFジャパン)(http://www.wwf.or.jp/): WWFは、人と自然が調和して生きられる未来を築くため、約100カ国で活動している地球環境保全団体です。1961年にスイスで設立されました。現在は、森や海などの生物多様性を保全すること、木材や魚介類など、自然資源の利用を持続可能なものにすること、地球温暖化を防ぐことに力を注いでいます。これらの活動はすべて、WWFのサポーターの皆さまによって支えられています。

上記についてのお問い合わせ先

マスコミ関係の方
IR広報部 TEL: 03-5785-6615

株主、アナリストの方
IR情報ページをご覧ください

お客様
お客様相談室 フリーダイヤル: 0120-011-031
土曜、日曜、年末年始を除く 10:00~17:30
※ 2017/11/1より、当面の間、営業時間を変更させていただいております。
※ ニュースリリースの情報は、各リリースが発表された時点での情報となります。ご注意ください。

価格表記についてのお知らせ:当サイト内の税込価格表示は、掲載時の消費税率に応じた価格で記載しております。お間違えになりませんようご注意ください。