2005年6月22日

2005年8月21日、「代官山 時しらず」は、
売場面積を2倍に拡大し、移転オープン

株式会社ユナイテッドアローズ(社長:岩城 哲哉、東京都渋谷区)は、
2005年8月21日、UAラボ(実験店舗)<*1>『代官山 時しらず』
移転増床を決定いたしました。

『代官山 時しらず』(以下、『代官山店』)は、
「時しらず」事業<*2> の1号店として2002年2月に東京都渋谷区代官山に
オープンしました。売場面積わずか約10坪という空間からスタートした
「代官山店」は、大々的なプロモーション活動を行わない戦略を
とりながらも、着実にリピーターのお客様を増やしてきました。

そして、客数の増加も
さることながら10代~30代という幅広い年齢層のお客様に
ご支持いただき、2004年8月には、売場面積約11坪の『渋谷 時しらず』
(以下、『渋谷店』)を出店しました。「時しらず」事業は、 
『渋谷店』の出店を機に、試験的にウィメンズ商品の展開もスタートし、
メンズのオリジナル商品も強化するなど、徐々に商品展開の幅を
広げています。

このように好調な推移を続ける「時しらず」事業は、この夏、
1号店である『代官山店』を2倍の売場面積に拡大し、移転いたします。

店舗デザインは、現『代官山店』・『渋谷店』を手掛けた、
Command+G(コマンド ジー)社によるものですが、
既存店舗のデザインとは趣を一変する新しい『代官山店』が誕生します。
無機質な素材の中に古木を用いるなど、随所に取り入れた和の意匠は、
モダンな古民家をイメージさせる、落ち着きあふれる空間を創り出します。

2005年秋冬のテーマは、“再構築”。2002年のオープン以降
泳ぎ続けてきた「時しらず」が、更なるスピードを身につけるために
掲げました。

今まで一貫して提案してきた“ジャケット&パンツ腰履き”も
街に溢れはじめ、“大人の腰履き”なるテーマも出始めた昨今です。
「時しらず」が考える“大人も子供も関係ない‘KOSHIBAKI’ ”を、
今までのセレクトブランドの再編集と共に、自らが10年後も変わらず
提案し続けられるスタイルを“再構築”していきます。

2005年秋冬からは、「時しらず」が国内外から発掘した新ブランド、
計8ブランドが加わります。

その中でも、特に注目すべきは、“Dr. Denim”。“Dr. Denim”は、
2004年にスウェーデン人の兄弟、Alexander Graah
(アレキサンダ−・グラ−)とJohannes Graah(ヨハネス・グラ−)が
スタートした、新鋭ブランドです。

独自に持つ洗いのテクニックと清廉なデザインで「古今調和」を表現。
伝統的な製法が生み出す<プレミアムヴィンテージライン>、
シーズン毎の新提案が織り込まれた<スタンダードライン>、
また2005年秋冬レディースのデニムラインは、
ヴィンテージスタイルを中心に、数々のテクニックが織り成す多種多様の
風合いが味わえるコレクション。

今流行りのデニムとは一線を画したデニムブランド。
「時しらず」が求めているスタイルそのものを表現したデニムです。

移転増床時期とも重なり、新シーズンテーマ“再構築”を
掲げる「時しらず」。立ち上げ当初から一貫し提案している
「ハイ・ストリート」を更に進化させてまいります。

今年の「時しらず」も、煮ても焼いても最高の味に仕上がっておりますので、
是非ご賞味ください。

代官山 時しらず

【オープン予定】 2005年8月21日(日)
【既存店最終営業日】 2005年8月15日(月) 

【住所】 東京都渋谷区鶯谷町2-7 1F
(現『代官山 時しらず』の隣へ移転いたします。)

【契約面積】 約35.4坪 (売場面積は未定。)

05062200_1.jpg

上記に関する取材・お問い合わせは、IR・広報グループ 前田まで
お願いいたします

(株)ユナイテッドアローズ 経営管理本部 IR・広報グループ
TEL :03-6418-0845 FAX :03-6418-0846

上記についてのお問い合わせ先

マスコミ関係の方
IR広報部 TEL: 03-5785-6615

株主、アナリストの方
IR情報ページをご覧ください

お客様
お客様相談室 フリーダイヤル: 0120-011-031
土曜、日曜、年末年始を除く 10:00~17:30
※ 2017/11/1より、当面の間、営業時間を変更させていただいております。
※ ニュースリリースの情報は、各リリースが発表された時点での情報となります。ご注意ください。

価格表記についてのお知らせ:当サイト内の税込価格表示は、掲載時の消費税率に応じた価格で記載しております。お間違えになりませんようご注意ください。