2005年3月14日

2005年6月25日、東京・丸の内に
『ダージリン・デイズ』の路面店をオープン

株式会社 ユナイテッドアローズ(社長:岩城 哲哉、東京都渋谷区)は、
2005年6月25日、東京・丸の内に『ダージリン・デイズ 丸の内本店』
オープンすることを決定いたしました。

『ダージリン・デイズ』は、2005年3月16日に
「小田急百貨店 新宿店本館 7階」へ、3月17日に
「三越名古屋栄店 5階」への出店を皮切りに、2005年6月25日には
同ストアブランドのフラッグシップショップの
役割を担う『ダージリン・デイズ 丸の内本店』を東京・丸の内仲通りに
オープンいたします。

同事業は、主に45~55歳前後の“ゆたかな大人”をターゲットとして、
当社が新たにスタートするスモール・ビジネス・ユニット<*1>です。

『ダージリン・デイズ 丸の内本店』は、JR有楽町駅に至近、
かつ丸の内仲通り沿いという好立地へ出店いたします。
店舗規模は、先行出店する「新宿店」、「名古屋店」の約2倍となり、
『ダージリン・デイズ』の世界観を十二分に表現いたします。

丸の内仲通り界隈は、大規模な都市再開発計画のもと、
2002年9月の丸ビルオープンを機に賑わいが増し、
海外ラグジュアリーブランドをはじめ、注目を集める専門店が数多く出店。
また、レストランやカフェも充実し、40代以上の大人の世代が
よく訪れる街として、年々集客力を高めています。

さらに『ダージリン・デイズ 丸の内本店』の隣には、2007年夏、
世界有数の最高級ホテルのひとつ「ザ・ペニンシュラ東京」が開業予定。
将来的には海外からのお客様の開拓も期待できます。

「ダージリン・デイズ事業」は、百貨店内に2店舗、
路面店1店舗展開にて始動いたします。百貨店内を出店先として
契約面積約30坪規模の展開からスタートする「新宿店」や「名古屋店」では、
普段セレクトショップでお買物をされないお客様にも
『ダージリン・デイズ』を広く認知いただき、多くのお客様の開拓を狙います。

そして、路面店となる『ダージリン・デイズ 丸の内本店』では、
上記インショップの約2倍の面積を活かし、ブランドの世界観を表現する
空間演出を図ることで、ショップ内でゆっくりとお過ごしいただく楽しみを
ご提供してまいります。

050314a_01.jpg 050314a_02.jpg

050314a_03.jpg
■ 「ダージリン・デイズ 名古屋店」 内装模型図

2005年春夏シーズンからのスタートとなる『ダージリン・デイズ』。

今シーズンらしさを演出するアイテムとして『ダージリン・デイズ』は、
紺のブレザー(紺ブレ)のスタイリングをご提案いたします。
紺ブレは、1990年代初頭のトラッドブーム時に、誰もが持っている
定番アイテムとして人気を集め、ヨーロッパでの需要よりも、
むしろ日本において定着したアイテムのひとつでした。

このように、日本人に馴染みが深い、メンズの代表的な服である紺ブレ。
当時、紺ブレを着たことのある方には懐かしさや親しみを感じるアイテムとして、
また、そうでなかった方にとっては、新鮮さの中にも、
コーディネートの幅を広げてくれるアイテムとして取り入れやすい一品です。

『ダージリン・デイズ』は、旅行や日常着として気軽に取り入れられる
服を提案しています。

「うつくしい立ち姿」を意識して研究開発されたパターンのパンツは、
決して細いものではなく、程よいフィッティングが生きる設計となっています。
また、サイズも幅広く展開し、それぞれのお客様が最適なサイジングの
パンツをお選びいただけるよう配慮しています。

装うという行為に対して肩ひじを張ってしまうのではなく、装うことの結果、
格好よく自分を演出してくれる服。高品質で、くつろぎ感を大切にした服。
そんな服をダージリン・デイズは、ご提供してまいります。

ダージリン・デイズ 丸の内本店

オープン時期 2005年6月25日(土) <更新しました>
住 所 東京都千代田区有楽町1-9-4蚕糸会館 1F
契約面積 約75.8坪(売場面積は未定)
営業時間 11:00~20:00 (平日・土日祝日ともに)

* 2005年2月3日発表済みプレスリリース
「2005年3月、新業態『ダージリン・デイズ』が「新宿店」と「名古屋店」をオープン」 
をご参照下さい。

<*1> スモール・ビジネス・ユニット/Small Business Unit(S.B.U)
S.B.Uは、「テストマーケティング(実験)機能」を主目的とする“UAラボ”
とは異なり、将来的に当社の主力3業態である
「ユナイテッドアローズ(UA)業態」、「グリーンレーベル リラクシング(GLR)業態」、
「クロムハーツ(CH)業態」と同等の規模を目指し展開する事業群、
と定義づけています。

さらに、ダージリン・デイズ事業については、
多店舗化の推進とともに成長拡大する事業として捉え、
これを多方面から支える事業部を設置いたします。
同事業は事業体制を早期に整備し、積極的に投資を行うことにより、
着実な成長拡大を図ります。

上記に関する取材・お問い合わせは、IR・広報課 前田まで
お願いいたします

(株)ユナイテッドアローズ 社長室 IR・広報課
TEL :03-6418-0845 FAX :03-6418-0846

上記についてのお問い合わせ先

マスコミ関係の方
IR広報部 TEL: 03-5785-6615

株主、アナリストの方
IR情報ページをご覧ください

お客様
お客様相談室 フリーダイヤル: 0120-011-031
土曜、日曜、年末年始を除く 10:00~17:30
※ 2017/11/1より、当面の間、営業時間を変更させていただいております。
※ ニュースリリースの情報は、各リリースが発表された時点での情報となります。ご注意ください。

価格表記についてのお知らせ:当サイト内の税込価格表示は、掲載時の消費税率に応じた価格で記載しております。お間違えになりませんようご注意ください。