2018年1月30日|UNITED ARROWS LTD.

リペア商品や店舗備品を販売するイベント「RE : Store & Flea UNITED ARROWS LTD.」を実施

ltdbrandnews-20180130135539-95.jpg

傷物商品をリペアしたウエアや雑貨、店舗で使用していた陳列備品、ディスプレイ用の展示品の販売イベント「RE : Store & Flea UNITED ARROWS LTD.」を実施いたします。今回は、国際連合大学前広場で開催されるフリーマーケット「RAW TOKYO」(*1)と「赤坂蚤の市 in ARK HILLS」(*2)へ出店いたします。お客様のご来場お待ちしております。

【開催日時】
・2月 3日(土)11:00~17:00 @RAW TOKYO
・2月 4日(日)11:00~17:00 @RAW TOKYO
・2月25日(日)11:00~16:00 @赤坂蚤の市 in ARK HILLS
※3月にも実施を予定しています。

【開催場所】
■RAW TOKYO
東京都渋谷区神宮前5-53-70 青山・国際連合大学前広場

■赤坂蚤の市 in ARK HILLS
 東京都港区赤坂1-12-32 アークヒルズ アーク・カラヤン広場

【ステートメント】
「もったいない」からはじまったRE : Store & Flea

日本の品質管理基準はポジティヴな意味の「厳しさ」で世界に知られています。
それは我が国の「ものづくり」の完成度を高め、維持し、そして経済成長を支える一助ともなってきました。
私たちの洋服業界においても、お客様に完全な商品を提供するための品質検査は日々精度向上しています。
しかし、そこで「規格外」や「基準以下」として販売できない製品が生まれてしまうことも多く、
自分達自身が「もったいない」とジレンマに悩むことが増えてきました。
洋服の販売に携わる者として、愛する服たちがひとの手に渡らないままでいることが辛く、さびしく、また罪悪感も押さえがたい状態です。

傷物や基準以下と判断された服たちでも、洗ったり、磨いたり、直したり、ひと手間加えれば十分に着ることが出来ます。
私たちは少しでも「基準外」の洋服たちが日の目を見ることが出来、お客様に着て頂けたら、という想いから
商品ひとつひとつの状態に合わせて、最適な方法で再生させることを試みています。
そして、この試みを'再生'という意味をこめて「RE : Store & Flea」と名付けました。
限られた数ではありますが、ひとつでも多くの「Restore」された商品が、お客様と出会えることを楽しみにしています。

【販売予定商品】
傷物商品をリペアしたウエアや雑貨(メンズ、ウィメンズ、キッズ)
店舗で使用していた陳列備品
ディスプレイ用の展示品
※陳列備品とディスプレイ用の展示品の売上は全額、認定NPO法人ピースウィンズ・ジャパンに寄付をし、「東日本大震災復興支援」と「熊本復興支援」のふたつの活動に役立てられます。

(*1)RAW TOKYO (http://www.rawtokyo.jp/)
月の第1土曜日、日曜日、東京各地のビンテージセレクトショップなどが一堂に会する新しい形のフリーマーケット。

(*2)赤坂蚤の市(http://www.arkhills.com/akasaka-nominoichi/
都市に住んでいるからこそ出合うことのできる「質の高い商品」や、熱い想いを持って出店いただいている「プロフェッショナル」との出会いを通じて、人々の交流の場、および新たなライフスタイルを提供することを目指して2014年にスタートし、毎月第4日曜日に定期開催する。