ISO26000対照表

ISO26000は、社会的責任に関する国際ガイダンス規格です。全ての組織が社会的責任にどのように取り組むべきかの手引きを提供しています。ISO26000への対照表は、ユナイテッドアローズの「5つの価値創造」と「行動指針」が、国際規格ISO26000の「7つの中核主題」および各課題に照らしてどのような位置付けになるかを整理したものです。ユナイテッドアローズは、世界に通用する企業ブランドを目指し、国際的な動向を踏まえながら自社のCSRを推進していきます。

当社の社会との約束 ISO26000の中核主題及び課題 本サイトでの対応項目
5つの価値創造 行動指針 7つの中核主題 課題
お客様価値 (その1)商品の5適 消費者課題 消費者に対するサービス、支援、並びに苦情及び紛争の解決 ・お客様満足の極大化に向けて ~ 商・販・宣 連携サイクルの強化および技術体系化
・お客様満足の極大化に向けて ~ クリエイティビティの強化
・お客様満足の極大化に向けて ~ 商品計画政策の見直し
・ブランドポートフォリオ戦略の強化
・基本商品政策の再浸透
・接客サービス向上のための取り組み~NPS~
・お客様からの声を集約 ~ お客様相談室の活動
・お客様からの「ありがとう」 ~ サンキューノート
・特定芳香族アミンに関する対応について
・動物素材商品に関する施策について
・QC(Quality Control)ミーティングの開催
・お客様からの貴重なメッセージ ~ クレームの迅速な対応
・お客様情報の保護 ~ 適正な情報管理体制の構築
・スタッフインタビュー(お客様価値の創造)
(その2)ヒト・モノ・ウツワの安全性と品質 消費者の安全衛生の保護
(その3)適正な表示とわかりやすい情報提供 公正なマーケティング、事実に即した偏りのない情報、及び公正な契約慣行
(その4)クレームの迅速な対応と活用 消費者に対するサービス、支援、並びに苦情及び紛争の解決
(その5)個人情報の適正な保護 消費者データ保護及びプライバシー
従業員価値 (その1)いきいきと働ける職場 労働慣行 雇用及び雇用関係 ・お客様にご満足いただくためのスキルを磨く ~ 「束矢大學」による全社研修
・優れた販売スタッフの表彰制度 ~ セールスマスター制度と束矢グランプリ
・幅広いキャリアへチャレンジできる社内公募制度とキャリア自己申告制度
・従業員のやりがいを生む目標管理制度
・従業員は原則として正社員 ~多様な働きかた取り組みもスタート
・従業員意識調査 ~ 風土改革プロジェクトをスタート
・女性を含めた従業員の活躍の場を広げるために
・従業員のワークライフバランスを推進
・チャレンジド(障がい者)採用
・法令・社内不正行為の抑止 ~ 内部通報制度
・従業員の健康と安全をサポート ~ 安全衛生委員会
・従業員一人ひとりの成長をサポート
・スタッフインタビュー(従業員価値の創造)
社会対話
(その2)公正・公平な職場環境 労働条件及び社会的保護
人権 労働における基本的原則及び権利
コミュニティへの参画及びコミュニティの発展 雇用の創出及び技能開発
(その3)従業員の健康と安全 労働慣行 労働における安全衛生
(その4)人材育成の環境づくり 職場における人材育成及び訓練
取引先様価値 (その1)法令を遵守した行動 公正な事業慣行 公正な競争 ・取引先様との連携強化
・QC(Quality Control)ミーティングの開催
・誤表記や危険物混入の撲滅に向けた取り組み
・公正な労働環境の推進
・公正な取引に向けた取り組み
・知的財産権の保護
・取引先様コンプライアンス相談窓口の開設
・スタッフインタビュー(取引先様価値の創造)
(その2)取引先様への感謝の精神 バリューチェーンにおける社会的責任の推進
(その3)知的財産の尊重 財産権の尊重
(その4)公正・公平な取引 公正な競争
社会価値 (その1)社会との信頼構築 公正な事業慣行 組織統治 ・ひとりの悩みから生まれた、すべての人に心地いい服「UNITED CREATIONS 041 with UNITED ARROWS LTD.」
・"もったいない"からはじまったREプロジェクト
・お客様とともに被災地復興を支援「MOVING ON TOGETHER!」
・お客様とともに元気な森を育てる活動「REDUCE SHOPPING BAG ACTION」
・乳がんの早期発見を啓発 「ピンクリボンキャンペーン」
・お客様とともにLOVEを届けたい 「united LOVE project」
・モノを通してアフリカ文化を伝える「TÉGÊ UNITED ARROWS」
・お客様とともにコットン生産者を支援「東北コットンプロジェクト
・羽毛のリサイクルを推進「グリーンダウンプロジェクト」
・地域を楽しむためのガイドブック「THINK LOCAL」
・繰り返し使えるエコボックスで、段ボールの使用量を削減
・LED照明の導入
・スタッフインタビュー(社会価値の創造)
(その2)生活文化向上への貢献 コミュニティへの参画及びコミュニティの発展 技術の開発及び技術へのアクセス
富及び所得の創出
社会的投資
消費者課題 教育及び意識向上
(その3)環境保全と社会貢献 環境 持続可能な資源の利用
気候変動の緩和及び気候変動への適応
環境保護、生物多様性、及び自然生息地の回復
消費者課題 教育及び意識向上
株主様価値 (その1)IR活動 組織統治 組織統治 ・積極的なIR活動の展開 ~ 株主・投資家様との対話
・IRツールの発行 ~ 当社の価値の全体像をお伝えしていく
・株主優待制度
・株主総会の活性化 ~建設的な対話の場を目指して
・株主様アンケートの実施 ~ 株主様の声を経営に反映する仕組み
・スタッフインタビュー(株主様価値の創造)
・コーポレート・ガバナンス
・コンプライアンス・リスクマネジメント
・リスク情報
(その2)内部情報の管理
(その3)情報の適時開示