2013年11月 8日

ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 社会貢献活動報告

ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシングでは、年間を通して、お客様と一緒に社会に貢献する活動に取り組んでいます。
2013年4月から9月までの各活動による寄付金は、以下の通りとなりました。ご参加くださった皆さま、誠にありがとうございました。

それぞれの寄付先であるmore treesの水谷伸吉さん、フローレンスの藤田順子さんに、団体の活動について、寄付金がどのように活用されるのか伺いました。

【地球環境保護のための機能性インナー「Be happy プロダクツ」】
夏には冷房の温度を上げ、冬には暖房の温度を下げるために、メンズ・ウィメンズ・キッズの機能性インナーを販売、お買上げ1点につき5円を日本の森づくりに寄付。
■寄付先: 一般社団法人more trees
■寄付金: 193,455円
■送金日: 10月31日

ltdcorpnews-20131029175053-787.jpg
話し手:more trees 事務局長 水谷伸吉さん

Q. more treesとはどのような団体ですか。

「もっと木を」をコンセプトに音楽家 坂本龍一氏が代表を務める森林保全団体です。深刻な森林破壊が進む中、森づくりによってCO2の吸収力を高め、「カーボンオフセット」の普及に努めています。日本の森林においては間伐、熱帯地域においては植林と、数々の森林再生プロジェクトに取り組み、森と都市をつなぐ活動を行っています。


Q. 国内の森林保全活動とはどのような活動でしょうか。

日本の国土のおよそ25%は、スギやヒノキなどの人工林です。本来、人工林は定期的に手入れ(間伐)をし、40~60年のスパンで伐採、再植林するというサイクルが理想なのですが、近年は海外からの木材に押されたこともあって日本の林業が低迷しています。その結果、手入れがされずに木々が過密になってしまっている人工林が全国的に増えています。今、日本の人工林で必要なことは、そうした森に手を入れて間伐しつつ、そうしたサイクルの過程で山から供給された木材を適切に使っていくことが問われています。

ltdcorpnews-20131107154937-133.jpg
(写真:間伐前の森(高知県))

ltdcorpnews-20131107154955-37.jpg
(写真:間伐後の森(高知県))

Q. 最後にメッセージをお願いいたします。
いつも森づくりへのご支援をいただき誠にありがとうございます。普段、都会に住む人たちにとって森は遠い存在に感じられるかもしれません。ですが、飲み水や空気など、知らず知らず私たちは森の恩恵を受けています。これからも、日本そして世界の森を豊かにし、皆さんがもっと森を身近に感じられるような活動を目指していきますので、引き続きご支援のほどお願いいたします!

more trees ウェブサイト


【仕事と子育ての両立を支援「ウィメンズ オリジナル雑貨コレクション」】
仕事と子育てを両立する女性の支援を目的に、雑貨コレクションの売上の2%を寄付。
■寄付先: 認定特定非営利活動法人フローレンス
■寄付金: 280,022円
■送金日: 10月31日

ltdcorpnews-20131106173419-952.jpg
話し手:フローレンス 経営企画室 藤田順子さん

Q. フローレンスとはどのような団体ですか。

「誰もが子育てと仕事を両立できる社会」を目指し、保育園に子どもを預けながら働く親が子どもの発熱や軽い病気の際に預け先に困る「病児保育問題」解決に取り組んでいます。非施設型・共済型という日本初の仕組みを構築し、2005年より預かり始めました。サービス開始後、共働き家庭からの多数の要望が寄せられ、東京23区をはじめ神奈川県、千葉県、埼玉県にサービスを拡大し、現在2,800世帯以上の子育て家庭を支えています。

Q. 寄付金はどのように活用されるのでしょうか。

低収入のひとり親家庭に、安価で病児保育を提供する活動に使用させていただきました。2012年度は全体で165人のひとり親家庭の子どもを支えました。ひとり親家庭の平均年収は約210万円と非常に厳しい経済状態にある上、両親交代で看病するなどの対処が取れず、急な欠勤が増えると失職のリスクにつながってしまいます。親の貧困は子どもへの教育投資を制限し、次世代に貧困が引き継がれる可能性が高くなることから、子どもたちの未来を支えるためにも、親の就労継続を支えることはとても重要です。

ltdcorpnews-20131106173454-842.jpg

ltdcorpnews-20131106173514-63.jpg
(写真)病児保育の様子。ママドクターによる往診も行っている。

Q. 最後にメッセージをお願いいたします。

活動を応援してくださっている皆さま、いつも本当にありがとうございます。子育てを取り巻く問題をはじめ「社会問題」というと=なかなか解決できないもの、と感じるかもしれません。確かにすぐに全部は解決できませんが、たとえばフローレンスへのご支援は、病児保育を通して、ひとり親家庭の親子が今日一日を笑顔で過ごせることにつながっています。そういった一人ひとりを支える一歩一歩を積み重ね、これからも皆さんと一緒に誰もが安心して子育てができる社会に変えていければうれしく思います。

フローレンス ウェブサイト

***

ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシングではこれからも、22世紀の子どもたちのために、お客様と一緒に社会に貢献する活動を継続してまいります。

上記についてのお問い合わせ先

マスコミ関係の方
経営企画部 広報CSRチーム TEL: 03-5785-6615

株主、アナリストの方
IR情報ページをご覧ください

お客様
お客様相談室 フリーダイヤル: 0120-011-031
土曜、日曜、年末年始を除く 10:00~17:30
※ 2017/11/1より、当面の間、営業時間を変更させていただいております。
※ ニュースリリースの情報は、各リリースが発表された時点での情報となります。ご注意ください。

価格表記についてのお知らせ:当サイト内の税込価格表示は、掲載時の消費税率に応じた価格で記載しております。お間違えになりませんようご注意ください。