2010年11月10日

品質等「誤表記」撲滅に向けた説明会を開催

10/26(火)、当社の商品仕入先さまを対象に、品質等「誤表記」撲滅に向けた説明会を開催しました。計141社・195名の皆さまに、関係する法律やよくある間違いの例などをご紹介。正確な表示の重要性をお知らせするとともに、誤表記撲滅に向けたご協力をお願いしました。

代表取締役 社長執行役員の重松よりご挨拶
      代表取締役 社長執行役員の重松よりご挨拶

当社は、商品の下げ札(紙タグ)や洗濯ネームにおける「原産国」や「組成」表示の誤りによって、過去2度にわたり排除命令という重い行政処分を受けています。再発防止に向けて、社内規程の見直しや品質表示勉強会の開催など、さまざまな社内改善施策を実施していますが、まだ誤表記の撲滅には至っておりません。

そこで今回、社長の重松をはじめ、副社長の岩城、取締役の竹田、藤澤、商品支援本部長・執行役員の谷川より、直接仕入先さまへ、誤表記の撲滅に向けたご協力をお願いしました。

これ以上、同様の行政処分を受け続けた場合、当社に対する信用や信頼が失墜し、お客さまはもちろんのこと、お取引先さま、株主さまといった当社を取り巻くあらゆるステークホルダーへ悪影響を与える可能性があること。

また、昨今、インターネットでの販売も増加しており、お客さまに対して「どのような商品か」ということを正確にお知らせする重要性が、ますます高まっていること。

そういった状況もふまえ、商品支援本部長・執行役員の谷川より、あらためて当社の「原産国」や「組成」の表示ルールをご説明差し上げると共に、表記に関連する情報の精度を一層高いものにするためのご協力をお願いしました。

商品支援本部長・執行役員の谷川よりご説明
商品支援本部長・執行役員の谷川より スライド資料を使いながらご説明

また、同会では、当社が独自に編集した品質表示に関する資料(関連する主な法律一覧、アイテム別の品質表示事項一覧、指定用語一覧、原産国の定義、実際に検品時に見つかった具体的事例などをまとめたもの)も配布。

数日後、ご出席いただいた仕入先さまから「配布資料の内容であらためて認識できたことがあり、役に立った」とご連絡いただくなど、同会の効果が少しずつ表れ始めています。

情報交換会   情報交換会
      説明会終了後、当社各担当者との情報交換会も実施

すべては、お客さまに安心して商品をお買い求めいただくために、当社を信頼してくださるお客さま満足のために、これからも誤表記の撲滅にむけた施策を実施してまいります。

■これまでの誤表記撲滅にむけた主な施策
これまでの誤表記撲滅にむけた主な施策<br />

上記についてのお問い合わせ先

マスコミ関係の方
IR広報部 TEL: 03-5785-6615

株主、アナリストの方
IR情報ページをご覧ください

お客様
お客様相談室 フリーダイヤル: 0120-011-031
土曜、日曜、年末年始を除く 10:00~17:30
※ 2017/11/1より、当面の間、営業時間を変更させていただいております。
※ ニュースリリースの情報は、各リリースが発表された時点での情報となります。ご注意ください。

価格表記についてのお知らせ:当サイト内の税込価格表示は、掲載時の消費税率に応じた価格で記載しております。お間違えになりませんようご注意ください。