株主還元

利益配分に関する基本方針および2017年3月期、2018年3月期の配当

当社は株主価値の極大化を経営の重要課題として認識しております。このため、持続的な成長拡大・業績の向上を図ることで1株当たり利益の拡大を図るとともに、業績に連動した安定的な配当、株式分割、自己株取得ならびに消却などの方策により、株主価値の極大化を図ってまいります。
 2017年3月期につきましては、連結配当性向 30%を目処に安定的な配当を実施することで、株主の皆様に対する利益還元の充実を目指すことを配当の基本方針としてまいりました。業績につきましては当初計画を下回る結果となりましたが、1株当たり配当金につきましては据え置くことで、期末配当金を1株につき58 円、年間配当金を1株につき78 円(配当性向44.7%、DOE7.3%)とさせていただきました。
 また、2018年3月期よりROE16%以上、配当性向35%以上、DOE5.5%以上を新たな利益配分に関する目標として定めることで、株主の皆様に対する利益還元の継続的な充実を目指してまいります。
 以上により、次期の利益配当金につきましては、中間配当金:1株につき20 円、期末配当金:1株につき58 円、年間配当金:1株につき78 円(予想配当性向40.2%)とさせていただく予定です。

配当金/配当性向

円/%
(3月期) 2013 2014 2015 2016 2017
年間配当 53.00 67.00 78.00 78.00 78.00
 中間配当 15.00 20.00 20.00 20.00 20.00
 期末配当 38.00 47.00* 58.00 58.00 58.00
配当性向 23.0 26.9 39.1 36.3 44.7

* 2014年3月期の期末配当金には、創業25周年に伴う記念配当(1株当たり5円)が含まれています。

Loading