スタッフインタビュー

取引先様価値の創造

取引先様は、私たちにとって欠かすことのできないパートナーです。「売っていただく」「買っていただく」「ご協力いただく」という感謝の精神を忘れることなく、取引先様と志を一つにして、ともに伸びていくという姿勢を貫いていきます。

詳細を見る

オリジナル商品作りを通じて、 取引先様からお客様まで思いをつなげて人に喜ばれる服を作りたいです

BY本部 ウィメンズ商品部
鈴木里香

お客様に長く着て楽しんでいただける服を作るためには、取引先様の力が必要不可欠です。私たちが作りたいものがどういうものなのかを明確に伝え、共 有していただくことで、商品の精度が向上し、よりお客様に喜んでいただけることになります。それが、取引先様への恩返しになると思っています。

2007年にユナイテッドアローズに入社するまでに、どのような経験を積んできたのですか?

服飾専門学校を卒業後、当時人気だったトラディショナルなテイストのブランドでメンズを担当し、服の基本を学びました。けれどもファッションマーケットが大きく変化する中でブランドが閉鎖することになってしまい、お客様や取引先の方々に迷惑をかけてしまいました。それがきっかけで、トレンドが移り変わっても永続的に続くものを提供していきたいという考えが強くなりました。

その後、数カ月でしたが、ロンドンの老舗テーラーで修業をさせてもらい、服作りだけでなく、日本の市場の影響力や大切さなども学ばせてもらいました。さらに、7年ほど、日本を代表するデザイナーズブランドで、パリコレクションなどを担当してきました。休みもなく働きましたし、背中を見て学べというタイプのデザイナーだったので苦労もありましたが、情熱の傾け方は並々ならぬものがあり、服作りに向かうスタンスを勉強させていただきました。

現在の仕事の内容と、モットーは?

「ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ(BY)」のウィメンズ部門で、オリジナル商品企画の責任者をしています。提携している「スティーブン アラン」のライセンス商材の企画も担当しています。一番のモットーは、買っていただいた方に、日々楽しんでいただける、着て楽しい服を作ることです。買ったらそれでおしまい、というものではなく、できるだけ長く着ていただけるものを作りたいと思っています。それには、取引先様の力がとても必要だと感じています。

BYのオリジナルは社内外から評価が高いといわれていますが、その秘訣は?

当社はもともとセレクトショップで仕入れ・販売を中心に手掛けてきましたから、オリジナルの商品の企画開発は後発でしたので、入社以来、商品力の向上に努めてきました。他社での経験も生かしながら、一見できないと思われるようなものを、コストパフォーマンスを上げながら改良することを年月をかけて行ってきました。取引先の方々やチームの仲間たちから共感が得られるようになってくると、商品の精度がぐっと上がってくるんです。

服が売れることは、このような多大な方々の協力や頑張りをお客様に届けることにほかならず、そのバトンリレーを担いながら、受け取ったものを最大限ベストなものに作り上げていく役割を果たし、いい形で仕事や商品をつないでいきたいと思っています。なので、お客様はもちろんのこと、生地屋さんや付属屋さん、原材料の輸入担当者さん、工場の方など、多くの取引先様のためにも、「人に喜ばれる服を作りたい」と常に考えています。

納得するモノ作りをするために心掛けていることはなんですか?

コミュニケーションを図り続けることと、取引先様の長所を理解することです。本当にいいものを作ることは一朝一夕ではできません。「こういうものを作りたい」「ここはこうしてもらいたい」というような要望などを、ひたすら伝え続けるようにしています。やはり取引先様によって、長所や得意とするものがありますので、それを把握したうえで、ここではもっとこういうところまでできるのではないかという可能性をお伝えしたりもするようにしています。

伝え方が悪くて失敗するケースもありますが、そのやりとりを根気よく繰り返していく中で、逆に、「BYのオリジナルにどうですか?」とハイレベルの提案をしていただいたり、「このクラスでは今のBYが目指すモノ作りには適しませんから、こちらを使いましょう」などとアドバイスをくださったりするようになっています。

一番思い出深い、取引先とのやりとりは?

商品力の向上に高品質の生地は欠かせません。けれども、コストの問題で使えそうになく、気持ちが砕けかけた時に、「コストの件は何とかするので、ぜひ使ってほしい。BYならいいものにして届けてくれると信じている」と言っていただいたことですね。テキスタイルはシーズンごとにトレンドがあり、使用量にも増減がありますが、私たちがやりたいことを理解していただけ、「BYに長く協力すれば、一緒に成長できる」という期待をかけていただいていることも含めて、本当にありがたいと思っています。

売上が好調になればなるほど、一緒に苦労して協力してくださるすべての取引先の方々に恩返しできると思うので、これからもしっかりとした企画やモノ作りをして、思いや考えを伝えていきたいと思っています。そのためにも、一つひとつの商品の良さや、素材を含めた作り手の意図などをきちんと店舗のスタッフに伝え、接客を通じて最終的にお客様に思いが伝わるように努力していきたいですね。その積み重ねによって、オリジナル商品やカジュアル商品を極めていきたいと考えています。

取引先様価値の創造